飲み込むだけで喉が痛い!原因と痛みを取る方法など

何か食べ物を飲み込んだときに喉の痛みを感じるというとき、最も多い原因は、食道、気道に何らかの炎症があるという場合です。

 

おそらく、風邪をひいて扁桃腺が腫れているとき、食べ物や飲み物を飲み込んだときに痛みを感じるというのは、多くの人が経験あるでしょう。

 

これは典型的な例で、咽頭部、喉頭部の炎症によって、そこを食物が通過するときに擦れて痛みが生じるわけです。

 

ちょうど、皮膚が何らかの炎症を起こして赤く腫れているときに、そこを触ると痛みを感じるのと同じ原因です。

 

喉の痛み以外にも何か症状がある?

このような炎症を起こしている場合は、痛み以外にも何らかの症状が起きることが普通です。

 

風邪をひいたときの症状を思い出してみてください。

 

  • くしゃみ

 

が出たりします。

 

頭痛や倦怠感、筋肉痛、悪寒などを起こす場合もあるでしょう。

 

こういう症状とともに喉の痛みがある場合、それは何らかの感染症によって炎症がおき、痛みが生じていると考えられます。

 

風邪、つまり上気道の炎症程度であれば、ほとんどは安静にしていればそのうち治りますから問題ないのですが、そうではないものもありますので、長引く場合は医療機関を受診したほうがよいでしょう。

 

それ以外に考えられる病気や原因は?

もう一つ、特に感染症ではないですが、炎症を起こしているということがあります。

 

代表的なものが逆流性食道炎と呼ばれる症状で、これは、胃酸が食道に逆流することにより、食道が炎症を起こすことが原因です。

 

胃酸は強力な酸ですから、組織を傷つけるくらいの力は十分に持っています。

 

なお、健康な状態では、胃そのものは粘膜などで防御されていて胃酸により傷つけられることがないようになっていますが、それでも場合によっては傷ついてしまうことがあります。これが胃潰瘍です。

 

食道はそのような防御のための仕組みを持っていませんから、胃酸が逆流すると簡単に傷ついてしまうのです。
この場合、当然ながら喉の上のほうではなく、どちらかというと下のほうに痛みを感じることになります。

 

対処法としては胃酸を抑制する薬を服用することが挙げられます。

 

喉の痛みに関しては、大部分がこれらの炎症性疾患によるものです。

 

 

炎症性の痛み以外には?

頻度は少ないものの、炎症以外が原因となっていることもあります。

 

それは、食道自身が炎症などを起こしているのではなくて、その周辺の組織に原因がある場合です。

 

食道の周辺にある組織とは、甲状腺、気管支や肺、心臓のほか、もちろん血管や神経なども含まれます。

 

これらが原因の場合は、しっかりとした検査が必要です。

 

原因不明のまま長引く喉の痛みがある場合は、これらの組織になんらかの疾患が潜んでいることが考えられます。

 

 

色々な可能性がある

喉の痛みには、このように色々な原因が隠されています。

 

当サイトでは考えられる喉の痛みの原因を色々と紹介していきますが、よりわかりやすくまとめられているサイトもあります。

 

よろしければこちらのサイトもご覧下さい。
喉の痛みについて、何種類もの原因や病気が紹介されております。
喉の痛み